日本株 | 中国株 | 保険 | 税務 | 債務整理

生命保険金と贈与税

満期保険金はどのような場合に贈与となるか

生命保険は、だれが保険料を負担し、だれが保険金を取得するかによって贈与関係が生ずることがありますので、注意が必要です。まずは保険の満期がきて保険金を受け取る場合を見ていきます。保険料の負担者と満期保険金の受取人が同一人物であれば、受け取った満期保険金と支払った保険料の差額は一時所得として所得税が課税されます。これに対して、生命保険の保険料の負担者と満期保険金の受取人が異なる場合はどうでしょうか。満期保険金の受取人は一切保険料を負担していなかったわけですから、満期保険金は保険料の負担者から保険金受取人への贈与として扱われます(相法5条)。また、その生命保険を中途解約して、解約返戻金を保険金受取人が受け取った場合にも、同様に保険料の負担者から解約返戻金を受け取った者への贈与として扱われます。なお、保険料の一部を保険金受取人が負担していた場合は、その他の人が負担していた部分に対応する保険金のみが贈与として扱われます。

死亡保険金と贈与の関係

被相続人の死亡により相続人が保険金を取得するケースです。生命保険の保険料の負担者が被相続人であるときには、税法上その保険金は相続により取得したものとみなされます(相法3条)。これに対して、被相続人以外の者が保険料を負担しており、保険金受取人と保険料の負担者が異なる場合には、生命保険金は保険料の負担者から保険金受取人に対する贈与として扱われます。

※この情報は、概要としてご覧いただくものです。個別の法務および詳細については、弁護士・税理士等の専門家にご確認ください。

生命保険金と贈与税の口コミ

※公共良俗・法律に反するものは削除させて頂きます。