日本株 | 中国株 | 保険 | 税務 | 債務整理

贈与税の納め方と軽減法

相続税での土地の路線価が下げ止まって、これから上昇か、という時の相続では、相続財産のほとんどが土地の場合、相続した土地を売って相続税を払うか、または土地を担保として相続税を延納するか、さらにもう一つの方法として、相続財産の土地をそのまま物納するかという選択に迫られます。どれを選ぶかは、その後の地価の値動きが重要な要素となるでしょう。生前贈与の新しい形態である「相続時清算課税制度」という便利な税法上のせいどが創設されたいま、この制度を利用しての親から子への生前贈与が大変大きくなりました。“子孫に美田を残さず”といっても、そこは親心、自分が築き上げた財産を、相続税のために費やすよりも、自分の目の黒いうちに、一族に引き継ごうという生前贈与の相続税対策に一方法として真剣に考えるようになりました。


※この情報は、概要としてご覧いただくものです。個別の法務および詳細については、弁護士・税理士等の専門家にご確認ください。

贈与税の納め方と軽減法の口コミ

※公共良俗・法律に反するものは削除させて頂きます。